式神図鑑

  • SSR
  • SR
  • R
  • N

御魂図鑑

  • 牽制
  • 攻撃
  • 防御
  • 補助
名称 2個セット效果 4個セット效果
魅妖(みよう)魅妖(みよう) 追加防御力30% ダメージを与えた時、25%の確率で目標を混乱させる。
雪幽魂(せつゆうこん)雪幽魂(せつゆうこん) 追加防御力30% ダメージを与えた時、12%の確率で目標を凍結させる
枕返し(まくらがえし)枕返し(まくらがえし) 追加防御力30% ダメージを与えた時、20%の確率で目標を1ターン昏睡させる
日女巳時(ひめみどき)日女巳時(ひめみどき) 追加防御力30% ダメージを与えた時、20%の確率で目標の行動ゲージを30%減少させる。目標にバフがかかっている場合、さらに確率が10%アップする
鍾霊(しょうれい)鍾霊(しょうれい) 追加HP15% ダメージを与えた時、8%の確率で目標を気絶させる。
玉樹(ぎょくじゅ)玉樹(ぎょくじゅ) 追加防御力30% 味方がダメージを受けた時、25%の確率で攻撃者の鬼火を1点ダウンさせる。但し、複数回攻撃でも1回しか発動できない
薙魂(ていこん)薙魂(ていこん) 追加HP15% 装着者は50%の確率で味方が単体攻撃を受けた時、被ダメージを20%ダウンさせ、さらに残りのダメージの50%を分担する
返魂香(はんごんこう)返魂香(はんごんこう) 効果抵抗15% ダメージを受けた時、1ターンの間、25%の確率で攻撃者をスタン状態にさせる。但し、複数回攻撃でも1回しか発動できない

【陰陽師】座敷童子(ざしきわらし)の評価(強さ)スキル・お勧め御魂

陰陽師 攻略 座敷童子

座敷童子(ざしきわらし)の覚醒情報・出現/登場場所

座敷童子(ざしきわらし)クリックで拡大
  • 基本情報
  • 名称
    座敷童子(ざしきわらし)
  • CV
    竹内順子
  • レア度
    R
  • タイプ
    補助
  • 出現/登場場所
    第二章「幸福の彼方」(探索/挑戦)、第七章「鯉の美に恋する」、第十章「泥酔の鬼」、御魂ダンジョン3階/6階
    効率的な狩場一覧
  • 覚醒後Lv40ステータス(覚醒前→覚醒後)
  • 攻撃
    2326 (D→C)
  • HP
    12598 (B→A)
  • 防御
    413 (B→A)
  • 速さ
    102 (D→B)
  • 会心率
    8% (A→A)
  • 覚醒素材
  • 風転·小
    16
  • 風転·中
    8
  • 天雷·小
    16
  • 天雷·中
    8
  • 覚醒後の追加スキルor強化
  • スキル「福運繁栄」を習得

座敷童子(ざしきわらし)の習得スキル

  • スキル
  • 魂の火
    消費鬼火:0
    魂の火よ、私を助けて。 魂の炎を解放して敵単体を攻撃する。攻撃力の100%相当のダメージを与え、50%の確率で鬼火を1つ獲得する。
    ・LV2 スキルの追加ダメージ+5%
    ・LV3 スキルの追加ダメージ+5%
    ・LV4 スキルの追加ダメージ+5%
    ・LV5 スキルの追加ダメージ+5%
  • 転禍為福
    消費鬼火:0
    うん、これでもよい。 「災いが福となるかも知れない。」わざわい転じて福となす。幸運には代価が付加される。座敷童子がHPの30%を犠牲にして、鬼火を2つ獲得する。
    ・LV2 獲得した鬼火+1
    ・LV3 消費するHPを20%にする
  • 福運繁栄
    消費鬼火:0
    あなた達の運、ちょっと貰うわよ。 敵から幸運を「借りて」、自分のために使う。戦闘開始時、鬼火を1つ獲得する。
    ・LV2 初期鬼火+1点
    ・LV3 初期鬼火+1点

座敷童子(ざしきわらし)と御魂のお勧め情報

座敷童子(ざしきわらし)の4セット御魂・2セット御魂・位置別オプションのおすすめ組み合わせを紹介します。

座敷童子(ざしきわらし)の4セット御魂のすすめ

  • -
    R式神と御魂のおすすめ組み合わせ
  • 火霊(かれい)
    装備させると開幕時に鬼火を3点獲得可能。
    本人の「福運繁栄」と合わせることでいきなり鬼火最大状態から戦闘を始められるようになるため短期決戦に向いています。
  • 招き猫(まねきねこ)
    鬼火の安定供給を狙うならこちらで。
    招き猫が発動しなかった場合でも「転禍為福」で最低2つは確保できるため鬼火を多用するパーティを組む場合に。
  • 鏡姫(かがみひめ)
    ダメージを受けると30%の確率で相手にそのダメージを反射。
    「転禍為福」を使うと鬼火を増やすと同時にHPを消費するため相手としてはまずここから落としたくなるもの、その心理を逆手に取ってカウンターを狙うのも面白いかもしれません。
この記事へのコメント