陰陽寮員募集掲示板 式神派遣特集

式神図鑑

  • SSR
  • SR
  • R
  • N

御魂図鑑

  • 牽制
  • 攻撃
  • 防御
  • 補助
名称 2個セット效果 4個セット效果
返魂香(はんごんこう)返魂香(はんごんこう) 効果抵抗15% ダメージを受けた時、1ターンの間、25%(+元の確率×効果命中)の確率で攻撃者をスタン状態にさせる。挑発された目標に対する発生率が60%ダウンする。複数回の攻撃でも1回しか発動できない
薙魂(ていこん)薙魂(ていこん) 追加HP15% 装着者は50%の確率で味方が単体攻撃を受けた時、被ダメージを20%ダウンさせ、さらに残りのダメージの50%を分担する
玉樹(ぎょくじゅ)玉樹(ぎょくじゅ) 追加防御力30% 味方がダメージを受けた時、25%の確率で攻撃者の鬼火を1点ダウンさせる。挑発された目標に対する発生率が60%ダウンする。複数回の攻撃でも1回しか発動できない
鍾霊(しょうれい)鍾霊(しょうれい) 追加HP15% ダメージを与えた時、8%(+元の確率×効果命中)の確率で目標をスタン状態にさせる 8/10現在敵のバリアを無視してのスタン付与が可能
日女巳時(ひめみどき)日女巳時(ひめみどき) 追加防御力30% ダメージを与えた時、20%の確率で目標の行動ゲージを30%減少させる。目標にバフがかかっている場合、さらに確率が10%アップする
枕返し(まくらがえし)枕返し(まくらがえし) 追加防御力30% ダメージを与えた時、23%(+元の確率×効果命中)の確率で目標を1ターンの間昏睡状態にさせる
雪幽魂(せつゆうこん)雪幽魂(せつゆうこん) 追加防御力30% ダメージを与えた時、12%(+元の確率×効果命中)の確率で目標を凍結させる
魅妖(みよう)魅妖(みよう) 追加防御力30% ダメージを与えた時、25%(+元の確率×効果命中)の確率で目標を混乱状態にさせる
陰陽師アプリ内から攻略BOXにアクセス

『陰陽師』ランク6式神育成までの道!素材式神はこうやって集めよう!

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り追加確認するmyページはコチラ

陰陽師 攻略 式神 ランク6 作り方 効率

 

ランク6式神を作るまでの手順や稼ぎ方について

式神は最高でランク6(レベル40)まで育成可能、特に上限解放でランク6になった後は1レベル当たりの成長度合いもかなり大きくなりこれまで苦戦していたような敵やクエストに対してもずいぶん戦いやすくなります。
ここでは式神をランク6に育てるまでのポイントについてご紹介します。

ランク6式神一体に必要な素材式神の数

基本的に初期状態の式神はランク2に設定されているのですがここからランク3に上げるには素材としてランク2の式神が2体必要、さらにランク4に上げるには追加でランク3式神が3体…という感じでありランク6完成までの流れは以下のようになっています。

①:ランク2の式神をレベル20に育てたのちレベル1のランク2式神を2体与える(以下Aとする)

 

②:Aをレベル25まで育てたのち別のAを3体与える(以下Bとする)

 

③:Bをレベル30まで育ててから別のBを4体与える(以下Cとする)

 

④:Cをレベル35まで育ててから別のCを5体与えると完成

これを計算していくとランク6の式神を一体作るために必要なランク2式神の総数はベース含めて360体という恐ろしい数に…
もちろんこれは「素材として必要な式神の数」であり実際に育てるのもこの中の三分の一程度ではあるのですがそれでも相当な手間が必要になります。
そのため効率的に育成していくためには以下のようなポイントに注意しましょう。

効率よくランク6を目指すためのポイント

高ランクのガチャ産式神を素材に回す

各種召喚(みすぼらしい霊符以外)では低確率でランク3〜4の式神が出現することがあります。
普通ならこのまま育てるのがお得そうですが育成素材に回した場合ランク3なら2体、ランク4なら11体分の素材(及び育成の手間)を節約することができるためよほど強い式神でもなければ温存して素材にしてしまいましょう。

 

白ダルマの獲得機会は逃さない

奉為ダルマ(白ダルマ)はレベルの上がりが早い(通常の式神の約1.5倍)ため高ランクの育成素材に向いています。
使う場合はランク4〜5に育ててから使うこと、また配布される機会もそこそこあるものの油断せずに毎日の妖怪退治狩り戦にはできるだけ参加して集めておきましょう。

 

 

また近頃は神龕にも個数限定ながらランク4以上の白ダルマが登場。
もし御札に余裕があればぜひ交換しておきましょう。

赤ダルマは経験値ではなく育成素材と考える

妖怪退治などで時折獲得できる招福ダルマ(赤ダルマ)ですが式神に与えても経験値量は案外微妙、経験値は他にも稼ぐ方法はいろいろありますが素材式神は後になるほど不足しがちなのでいっそそのまま育てて育成素材として使ってしまいましょう。
なおレベルの上がり方は通常の式神と同様なのでランク3時点で素材にしてしまっても大丈夫です。

 

百鬼夜行ではNの欠片を狙う

通常は高レアばかり狙いたくなる百鬼夜行ですが素材式神が欲しい場合はあえてN式神を狙って当ててみましょう。
レアリティが低いため欠片獲得が容易、かつ一回当たりの個数も多いため数回やればすぐ召喚可能になる量が集まります。

 

素材用経験値の稼ぎ方

戦闘に参加させる

探索ダンジョンや素材集め、結界突破などで戦力に余裕があるなら最低限の戦力を残して残りを素材式神に入れ替えて経験値を稼がせましょう。
ただし戦闘を素早く終わらせるためにもメインで引率するアタッカーはランク5程度には育てておきたいところ、そのため最初にランク6を狙う式神は引率役も兼ねた姑獲鳥大天狗のような高火力全体アタッカーがおすすめされています。

 

探索ダンジョンに挑む場合後半章の困難のほうが経験値が高くなりますがその分敵も強くなるので無理は禁物、またダンジョン内では極力EXPアイコンの敵のみを狙って倒しEXPアイコン持ちが全滅したらダンジョンに入り直して再度アイコン持ちを探す、という手順を繰り返すと手間はかかるもののスタミナに対する経験値効率がアップします。

 

 

また可能であれば商店や寮の神社で経験値ボーナスを購入しておくとより効率的に稼ぐことができます。

 

結界で育成する

素材式神も大量に育成が必要になるので各ダンジョンの周回と並行して寮の結界で育てておきましょう。
その際はできるだけ効果の高い結界カードの設置を忘れずに、また効果は微妙ですが経験値徳利の分も見落とさずに与えるよう注意。

 

石距や経験値妖怪を活用する

探索ダンジョンクリア時に一定確率で出現する石距や経験値妖怪(妖気封印)では通常の戦闘よりかなり多めの経験値を獲得可能です。
マルチで出発すると一人当たりの経験値量が減ってしまうため部屋建て時の設定で「招待のみ」を選択してからソロで出撃、ただしちゃんと勝てるよう引率役はしっかり育った式神を選んでおきましょう。
なおマルチのゲストだと育成キャラを出すと迷惑になるうえそもそも2〜3キャラしか出せないため効率はいまいち、運が絡むとはいえ極力自前の部屋で出発したいところです。

 

ただし上で挙げたEXPアイコン狙いを繰り返していた場合は探索をクリアしていないため石距出現判定が発生しないので石距狙いとは両立できない点に注意しましょう。

 

 

 

式神をランク6まで育てるのはなかなか大変で面倒な作業ですが一体でも作ってしまえばその後の育成やクエスト攻略がかなり楽になります。
プレイのペースは人それぞれながら今後も異聞ダンジョンのような高難易度クエストが来ることを考えると早めに育成しておいて損はなさそう、特にお気に入りの一体だけでも頑張ってランク6を目指してみてはいかかでしょうか?

 

この記事へのコメント