陰陽寮員募集掲示板 式神派遣特集

式神図鑑

  • SSR
  • SR
  • R
  • N

御魂図鑑

  • 牽制
  • 攻撃
  • 防御
  • 補助
名称 2個セット效果 4個セット效果
返魂香(はんごんこう)返魂香(はんごんこう) 効果抵抗15% ダメージを受けた時、1ターンの間、25%(+元の確率×効果命中)の確率で攻撃者をスタン状態にさせる。挑発された目標に対する発生率が60%ダウンする。複数回の攻撃でも1回しか発動できない
薙魂(ていこん)薙魂(ていこん) 追加HP15% 装着者は50%の確率で味方が単体攻撃を受けた時、被ダメージを20%ダウンさせ、さらに残りのダメージの50%を分担する
玉樹(ぎょくじゅ)玉樹(ぎょくじゅ) 追加防御力30% 味方がダメージを受けた時、25%の確率で攻撃者の鬼火を1点ダウンさせる。挑発された目標に対する発生率が60%ダウンする。複数回の攻撃でも1回しか発動できない
鍾霊(しょうれい)鍾霊(しょうれい) 追加HP15% ダメージを与えた時、8%(+元の確率×効果命中)の確率で目標をスタン状態にさせる 8/10現在敵のバリアを無視してのスタン付与が可能
日女巳時(ひめみどき)日女巳時(ひめみどき) 追加防御力30% ダメージを与えた時、20%の確率で目標の行動ゲージを30%減少させる。目標にバフがかかっている場合、さらに確率が10%アップする
枕返し(まくらがえし)枕返し(まくらがえし) 追加防御力30% ダメージを与えた時、23%(+元の確率×効果命中)の確率で目標を1ターンの間昏睡状態にさせる
雪幽魂(せつゆうこん)雪幽魂(せつゆうこん) 追加防御力30% ダメージを与えた時、12%(+元の確率×効果命中)の確率で目標を凍結させる
魅妖(みよう)魅妖(みよう) 追加防御力30% ダメージを与えた時、25%(+元の確率×効果命中)の確率で目標を混乱状態にさせる
陰陽師アプリ内から攻略BOXにアクセス

『陰陽師』「闘技」で他プレイヤーと対戦できる!鍛えた式神とともに名を上げよう!

FavoriteLoadingこの記事をお気に入り追加確認するmyページはコチラ

陰陽師 攻略 闘技 ルール

 

対人戦モード「闘技」について

「陰陽師」には他のプレイヤーと対戦できる「闘技」というモードが存在します。
ここでは闘技モードについてご紹介します。

闘技とは

手持ちの式神(+陰陽師)で組んだパーティーを使って他のプレイヤーとリアルタイムで対戦、勝利を重ねてランクを上げていくのが目的となります。
体力やアイテムを消費することなく挑戦可能ですが開催時間が決まっており(毎日昼12時と夜9時から各一時間ずつ)、無制限には挑めないものとなっています。

 

闘技の流れ

開催時間中にメニュー画面の「町中」→「闘技」で挑戦可能、入室すると同じタイミングで闘技に入室してきた、かつランクの近いプレイヤーと自動的にマッチングされます。
戦闘は通常時と同じく敵味方問わず素早さの高いほうから順番に行動を入力&実行する形式ですがリアルタイム対戦という都合上行動入力に30秒の時間制限がある点には注意しましょう。
どちらかのメンバーが全滅、あるいは画面左上の矢印マークからギブアップすると対戦終了となります。

 

また闘技のみの仕様として毎ターン双方の攻撃力がアップする式神や陰陽師が倒されるたびに相手に鬼火が追加されるといったより攻撃的なシステムが採用されています。
さらに闘技での戦闘中のみ参加式神のHPが2倍となっているため見た目にはいつも以上に派手な数値が飛び交うことになります。

 

 

 

対戦が終了すると勝敗に応じてランクポイント(初期1000)が増減し獲得ポイントが一定値に達すると昇段します。
戦闘に参加する式神の数も初段(初期状態)では3体までですが二段以上では最大5体となるためより戦いが激しくなります。
勝ちを重ねて上位100名に入ることができればランキングに名前が掲載されるためこれが闘技における最大の目標と言えそうです。

 

闘技のメリット

勾玉が手に入る

闘技は一定期間で戦績を集計しその時点で所属している段位によって勾玉を獲得可能、最低一戦だけでも戦って(勝敗は問わない)おけば初段所属という扱いになり少しですが勾玉が手に入ります。
もちろん自信があればどんどん段位を上げて期間終了時に貰える勾玉の量を増やすことも可能です。

栄誉ポイントでガチャチケットやSSRの欠片をゲット

闘技で戦うとランクポイントとは別に「栄誉ポイント」というものが獲得できます。
段位が上がると一戦での獲得量も増加、貯めた栄誉ポイントは商店で(個数制限つきですが)SSR式神「両面仏」の契約書の欠片やレアガチャチケットなどと交換可能です。
また負けた場合でも勝った場合の半分の栄誉ポイントが手に入るため最悪初段で負け続けでもある程度は稼げます。
ただし勝敗に関わらず一週間で稼げるポイント数には上限があるためその点には注意しましょう。

 

戦い方を学べる

初心者にはある意味これが最大のメリットかもしれません。
闘技で相手が使ってくる式神の種類や戦い方を見ることでどの式神がどんな能力を持っているのか、誰が強いのかということを身をもって体験できます。
闘技で多く見かける=それだけ役に立つとも言えるためどの式神を育てるべきか迷うなら負け覚悟で闘技に挑んで観察するのもよさそうです。

 

この記事へのコメント